韓国 
ソウル > 宗廟
 
永寧殿

永寧殿(ヨンニョンジョン)は、正殿に祀られていなかった王と王妃の位牌を安置し祭祀を行った別廟です。世宗3年(1421年)に定宗(チョンジョン、李朝第2代王)の位牌を宗廟に奉納するときに正殿の空間が不足していたため建立されました。永寧殿の建物と廟庭の規模は正殿よりも小さく、2つの建物の階級の違いを表わしています。また永寧殿は、真ん中の太祖の4代祖を祀った4間を、その左右の夾室(横に付属した小部屋)6間よりも高くし、階級を区別しています。左右の夾室6間には定宗(2代)、文宗(ムンジョン・5代)、端宗(タンジョン・6代)など正殿に祀られなかった王と王妃、そしてのちに称号を贈られた王と王妃のあわせて34位の位牌が16室に祀られています。宝物(国宝と重文の中間)第821号。
 
宗廟 永寧殿
 
宗廟 永寧殿 地図(航空写真)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に宗廟 永寧殿の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 

Copyright © 2005-2009 Koreaing. all rights reserved.