韓国 
ソウル
 
仁寺洞(インサドン)

 仁寺洞(インサドン、Insa-dong)は朝鮮時代(1392-1910)、両班(ヤンバン)と呼ばれる有識階級や官僚たちの家が密集していた地域。仁寺洞は日本統治時代末より没落した両班の家から出された美術品などを売るための骨董品の商店ができ始めたのがそのはじまりで、その後陶磁器や絵画などの美術品を展示・販売する画廊や、それを買い求める人々で賑わう通りとなりました。 今ではそういった骨董品や美術品に混じって伝統的な雰囲気を楽しめるレストランや喫茶店、土産物屋が軒を連ね、ソウルを訪れる外国人観光客の観光スポットとなっています。
 
仁寺洞 地図
仁寺洞の地図
 
仁寺洞のホテル
 

 

Copyright © 2005-2009 Koreaing. all rights reserved.