韓国 
ソウル > 宮殿
 
昌慶宮

 ソウル市鍾路区の昌慶宮(チャンギョングン、Changgyung Palace)は、昌徳宮とともに朝鮮王朝(1392-1910)別宮のうちの一つ。1418年に世宗(1397-1450)が王位に就いた後、退いた太宗(1367-1422)が穏やかに余生を送れるようにと建てた寿康宮がその始まりです。昌慶宮は日本の植民地時代(1910年から1945年)に昌慶苑に格下げされ、独立後も動物園と植物園のある遊園地になっていましたが、後に動物園が果川に移り復元し1983年に本来の名前を取り戻したという経緯のあるところです。
 
昌慶宮
 
明政殿
明政殿
景春殿
景春殿
歓慶殿
歓慶殿
養和堂
養和堂
植物園
植物園
成宗胎室碑
成宗胎室碑
八角七層石塔
八角七層石塔
 
昌慶宮 地図(航空写真)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に昌慶宮の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 弘化門
  2. 玉川橋
  3. 明政門
  4. 明政殿
  5. 文政殿
  6. 崇文堂
  7. 涵仁亭
  8. 景春殿
  9. 歓慶殿
  10. 通明殿
  11. 養和堂
  12. 迎春軒と集福軒
  13. 春塘池
  14. 八角七層石塔
  15. 大温室
場所:大韓民国 ソウル特別市 鍾路区 臥龍洞 2-1
 

 

Copyright © 2005-2009 Koreaing. all rights reserved.