韓国 
慶州 武烈王陵

 太宗武烈王陵・西岳洞古墳群(テジョンムヨルワンヌン・ソアットンコブングン):新羅の第29代国王、武烈(ムヨル)王の墓と、後方に控えるさらに4基の古墳です。武烈王は、の三国統一に尽力した大王として韓国では有名です。
入口を入るととすぐ右手に太宗武烈王陵碑があります。碑閣の中には亀を台座とした碑があります。国宝第25号に指定されています。王陵碑を抜けて行くと最初の古墳の古墳があり、これが武烈王の陵墓です。史跡第20号に指定されています。武烈王陵の後ろに回ると、さらに4基の古墳が一直線に並んでいます。これらの古墳に眠る人物が誰なのかははっきりとは判っていません。武烈王の墓よりも上にあることから、武烈王の祖先にあたる人物の古墳と推定されています。
 
 武烈王陵の向かい(道路をはさんだ反対側)には、金仁問・金陽墓(キムインムン・キムヤンミョ)があります。金仁問(キムインムン)は、文武王の2番目の息子です。二つ並んだ大きいほうが金仁問の古墳です。金陽(キムヤン)は、武列王の9代孫です。
 
武烈王陵
 

 

Copyright © 2005-2009 Koreaing. all rights reserved.