韓国 
慶州 国立慶州博物館 エミレの鐘

正式名称は聖徳大王神鐘です。統一新羅771年製作に鋳造されました。国宝29号に指定されています。国立慶州博物館の入口を入った、右手正面の野外庭園に展示されています。聖徳大王神鐘には伝説があり、鋳造寺に溶けた銅の中へ娘を捧げたと云われ、このときに娘が「エミレ(お母さん)」と泣き叫んだと伝えられています。ことから一般的には「エミレの鐘」として知られています。完成後も鐘を打つと「エミレ」と響いたそうです。
 
エミレの鐘
 
「エミレの鐘」の表面にあしらわれた天女像
天女さま
 

 

Copyright © 2005-2009 Koreaing. all rights reserved.